看護部長紹介

ご挨拶

看護部長
看護は患者さんの状況に合わせて、対応を変えなくてはなりません。
しかし、基本となる看護ケアは、毎日行われており、その繰り返しの中に看護師の工夫や気遣いをのせて届けることが大切だと思います。
その工夫や気遣いには、看護師としての知識と技術が詰まっています。基本がしっかりできてこそ専門職。そんな看護師を育てたいと思います。
看護部長 古林千恵