放射線治療科

診療科紹介

 当院では、令和2年1月の入院・診療棟の開棟に伴い、令和2年4月から新たに放射線治療科が新設されました。
 放射線治療は、手術・薬物療法と並ぶ、がん治療三本柱の一つです。放射線治療の最大の特徴は、体を切らずに治療することができるため、治療中の患者さんの肉体的負担が少なくすむことです。そのため適応疾患も、例えば、頭頚部がん(脳や喉頭/咽頭がん)・食道がん・肺がん・乳がん・前立腺がんや膀胱がん・子宮頚がん・転移性腫瘍など多岐に渡ります。手術や薬物療法と組み合わせることで患者さんの治療成績によりよい結果をもたらす場合もありますし、時には、何らかの理由で手術ができない場合でも、放射線治療なら治療を行える場合もあります。進行したがんであっても、がんによる痛みや出血などの諸症状を和らげる際にお役に立てる場合もあります。患者さんご本人やご家族の意向も踏まえつつ、各診療科と連携を取りながら、最良な治療方針をご提案できるよう心掛けておりますので、みなさま、どうぞ安心して治療のご相談にいらしてください。
 また、当院では、東海地区では第1号機となる、エレクタ社製の放射線治療装置、「VersaHD(バーサエイチディー)」を導入し、高精度な放射線治療を患者さんにご提供できるようになりました。これに伴い、常勤の放射線治療専門医1名(他、名古屋市立大学病院からの非常勤医師)、放射線治療専従看護師1名、経験豊富な放射線技師(複数名の医学物理士を含む)らが一丸となって、しっかりとしたチーム医療を構築しております。
 なお当科診察につきましては、原則予約制となっております。初診をご希望される患者さんは、各診療科主治医の先生を通してご予約をお取りください。

                                                                                        [このページの先頭へ]

主な医療機器

 エレクタ社製の高精度放射線治療装置「VersaHD(バーサエイチディー)」を導入しております。これにより、下記1)や2)が可能となりました。どのような照射方法がよいかは、患者様お一人お一人のご状況により異なりますので、適宜ご相談ください。

  1. 1)放射線治療計画時と、毎回の照射時との位置誤差を、照射直前に治療台の上で撮影し得られた画像情報を基に、細かに補正することができます。画像情報の取得については、当機に掲載されたX線装置を利用する場合や、可視光を利用して無被ばくで体表面の位置を照合する方法等があり、照射部位に適した使い分けを行っております。

  1. 2)標的病巣に対して多方面から放射線を当てることができます。これにより、病巣には集中的に放射線を当てつつ、病巣周囲の正常臓器に当たる放射線の低減に努めることができます。また、標的病巣の部位やサイズによっては、ピンポイント照射を採択できる場合もあります。

放射線治療室内の様子

(放射線治療室内の様子)

放射線治療装置Versa HD(エレクタ)
CTシミュレーション装置SOMATOM Definition AS OPEN(シーメンスヘルスケア)
治療計画装置RayStation(日立),Monaco(エレクタ)
治療計画支援装置MIM(ユーロメディテック)
呼吸同期システムAbches ET(エイペックスメディカル)

医師紹介

医師
名前資格
放射線治療科副部長
髙間 夏子
日本医学放射線学会 放射線科専門医
日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医
緩和ケア研修会 修了

                                                                                        [このページの先頭へ]

業務実績

実績(年別)
2020年
新患(人)126
脳・頭頚部15
肺・縦郭16
乳腺腫瘍11
食道腫瘍8
胃・結腸・直腸腫瘍6
肝・胆・膵腫瘍0
泌尿器系腫瘍
(うち前立腺腫瘍)
23
(18)
婦人科腫瘍6
皮膚・骨・軟部腫瘍40
その他1

外来担当医表

 こちらをご覧ください。
                                                                                        [このページの先頭へ]